【結城駿】TRIBEプロデュース3rd 「good and evil」

TRIBEプロデュース3rd
「good and evil」

●脚本・演出…中島大地

●劇場…六行会ホール (最寄り駅…新馬場)

●日程…6月14日19:00-
6月15日14:00-☆/19:00-
6月16日14:00-☆/19:00-
6月17日13:00-/18:00-
6月18日12:00-/16:00-
☆はアフタートーク回となります。

●チケット…
前売り 5,500円(全席指定)
当日 6,000円

●出演者

村川翔一

栞菜

田口涼
西川智宏
大曽根敬大
豊田幸樹
藤嵜亜莉沙
山本真夢
阿佐美貴士
鷲尾直人
結城駿
黒貴
ヒロヤ(Assh)
新原美波
樫村みなみ
泊明日菜
増野彩夏
小野原幸一
一条龍之介

中島大地

汐崎アイル

●あらすじ…

2046 年の日本。
この国では犯罪が多発する。そこに…ヒーローが現れる。 そのヒーローの名は、アイザック。
そして、2069 年にヒーローは職業となる。
アイザックが 23 年前に起きた事件で拾った兄妹と共に「ワイバーン社」を設立。 兄の名は、誉。妹の名は、琥珀。2 人は自分の名も親の顔も知らなかった。 その話を大人になりアイザックに聞き二人はヒーローとして活動している。 誉は同時に親の仇を探し求める。 兄は妹を守り続ける。大切な存在、唯一無二の家族だから…。 街を守る…記憶がなくとも、家族と過ごした想いの残る街を…。 笑顔が消えた兄に琥珀は笑顔で接する。 日々、アイザックの下集ってくる個性溢れるヒーロー達。 ヒーローが存在する世界には、悪が存在する。 ビジネスの天才クーパーの下に悪が集い設立された。 「ジラーフ社」彼らの目的とは…? そして、誉の親友である記者の要は変わりゆく人々・街並み…そして、ヒーロ
ーを追い求める。
理解出来ない現実に…彼の見た最後とは…。